美肌習慣

あなたが目指すべきは「美肌の3条件」を満たした肌

あなたが目指すべきは「美肌の3条件」を満たした肌

あなたも肌をきれいにしたいと思ってるでしょう。でも、美肌・きれいな肌って、具体的にどんな肌なのか説明できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

そこで今回は、あなたが目指すべき美肌の条件についてお話しします。

外側が美しければ美肌なの?

「美肌」と聞いて、あなたはどんな肌を思い浮かべますか?

  • いつも潤ってる
  • 艶のある肌
  • ニキビがないのは当たり前
  • シワがない
  • 毛穴が目立たない
  • 柔らかい触り心地
肌美ちゃん
肌美ちゃん
「うるツヤ肌」かなー。雑誌で特集してて、私もあんな肌になりたいと思った(*´▽`*)

「見た目が美しい肌=美肌」

って考えますよね。そのため、外側からいろんな物を塗ったり貼ったりして美肌になろうと努力します。

しかーし、肌って普段見えてる部分だけじゃなく、見えてる部分の内側にも層があるんです。

肌の見える部分・見えない部分
肌美ちゃん
肌美ちゃん
へー、肌の内側っていろんな層があるんだね。

表皮・真皮といった普段見えない部分がしっかり機能していれば、普段見てる部分も美しくなります。

今のスキンケアの発想は、「肌表面をどうするか」という見た目ばかり重視してます。でも、本当に肌をきれいにすることを考えたら、皮膚がつくられるプロセスに重点を置いて考えることが大切なんです。

アズサ
アズサ
私も昔は外側のことばっかり考えてた。

美肌の3条件

ターンオーバーで生まれ変わる

ターンオーバーとは、肌の角層の下にある表皮で肌をつくる細胞が生まれ、次々に入れ替わること。

ターンオーバーとは、肌をつくる細胞が生まれてから、はがれ落ちるまでのサイクルのこと

表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれ、30~45日ほどかけて角層へと上がっていきます。最後は垢となってはがれ落ちるというサイクルを繰り返してるんです。

皮膚が傷ついたり、日焼けしたり、乾燥したりしても、細胞がたえず入れ替わってるので、健康な状態に戻せるようになってます。

また、ターンオーバーの起点となってる「基底層」が正常に働いていることも重要。

基底層は、ターンオーバーに必要な細胞分裂をしてる場所でもありますが、真皮を守るという重要な役割もあるんです。

表皮がダメージを受けてもターンオーバーで元に戻りますが、ダメージが真皮まで到達すると、完全には元に戻らなくなってしまいます。紫外線などのダメージが真皮まで届かないよう、メラニンをつくってブロックしてるんです。

外的刺激から守る

肌には、外界から異物やウィルスが入ったり、乾燥したりするのを防ぐ「バリア機能」が備わってます。

肌には、外界から異物やウィルスが入ったり、乾燥したりするのを防ぐ「バリア機能」が備わってます。

 

普段見えてるのは皮膚の表面で、角質層と呼ばれる部分。角質層は、ぺったんこになった死んだ細胞がいくつも重なってつくられてるんです。そして、細胞同士が離れないように、すきまは「角質細胞間脂質」というセラミドなどの脂質で埋められてます。

肌美ちゃん
肌美ちゃん
えー!肌って細胞の死骸なんだ^^;

角質層は薄いけれど、外からの異物の侵入を防ぎ、体内の水分が蒸発しないように強力にブロックしてくれてるんです

そしてもう一つ、バリア機能には大きな役割があります。それは、肌の内側にある水分を角層に蓄えておくこと。

健康な角層は約20~30%の水分を含み、セラミドなどの保湿物質によって維持されてます。

アズサ
アズサ
肌にはもともと保湿物質があるんだね。

十分な栄養・酸素を運ぶ

角質層・表皮の下にある真皮は、網目のように血管がはりめぐらされ、皮膚を育む酸素や栄養素ぶ役割があります。

血管は真皮に位置していて、深いところが太く、表皮に向かうにつれて細くなっていきます(細く派生してる血管=毛細血管)。

毛細血管の役割は以下の2つ。

  • 栄養と酸素を運ぶこと
  • 二酸化炭素と老廃物を回収してくること

細胞は、新鮮な酸素と栄養がなければ生きていけません。

そのため、血行不良になると、酸素や栄養素が肌に十分に届かなくなるうえに、老廃物がたまってしまうんです。結果、肌がくすんだり、乾燥したりします。

 

美肌の3条件がそろうと、このような肌になります。

アズサ右ほほ

外側からのケアは石けん洗顔だけですが、乾燥知らずでニキビもできないんです。

外側からのスキンケアだけで美肌になるのは無理

いくら外側から美容成分を塗ったとしても、生きた組織である肌の深部まで簡単に到達することはありません。ほとんどは肌表面にとどまっているんです

肌美ちゃん
肌美ちゃん
化粧水とかって、パッケージに「浸透する」って書いてあるけど、肌の内側には浸透しないんだね。
アズサ
アズサ
パッケージをよーく見ると「浸透するのは角質層まで」って書いてあったりするよ。

以前、ジェンダーレス男子と紹介されているタレントさんのインタビューを見ました。

彼は、自分は美意識が高いと断言し、スキンケアに毎日2~3時間かけて、月何十万円も美容に費やしてるそうです。美容液や美白化粧品を使ったり、エステに通ったり、サプリを飲んだり。高額なものも使ってるんでしょう。

しかし、主食はお菓子だとも語っていました。タレントとしてのキャラ設定なのかもしれないけれど、本当に主食がお菓子なら、美意識が高いとは言えません。

20代までは、生活が不規則でも化粧品でごまかせます。シミやクマもファンデで隠せる程度だし、シワもほとんどありませんから。

でも、30代以降は土台となる肌そのものが不健康だと、化粧品では隠しきれなくなります。

アズサ
アズサ
現実を受け止めながら大人になっていくのよね(/ω\)

30代後半からは、美肌になる女性ホルモン「卵胞ホルモン」減り始めるので、不規則な生活をしていたら確実に肌は老けていきます。

ターンオーバーや肌に栄養を運ぶところは目に見えないので、目に見えてわかりやすい外側のスキンケアに力を入れてしまいがち。

アズサ
アズサ
肝心なことって目に見えなかったりするんです。

肌に何かを塗っても、ターンオーバーやバリア機能の強化、栄養と酸素を運ぶことの役には立ちません。外側からのケアはあくまでも補助と考え、内側からのケアを行う「美肌習慣」に重点を置きましょう

 

以下は、大切な美肌習慣です。

  • 睡眠
  • 食事
  • 運動
  • ストレス対策
  • マインド
アズサ
アズサ
今後これらの記事を増やしていくので、お楽しみに。

肌を美容液で満たすより、美肌の3条件を満たそう

今回は、あなたが目指すべき肌の条件について書きました。

美肌の3条件

  • ターンオーバーで生まれ変わる
  • 外的刺激から守る
  • 十分な栄養・酸素を運ぶ

内側から肌をケアする美肌習慣を身につけることが重要。
外側からのスキンケアはあくまでも補助的役割。

美容液の成分など、外側からのケアに関する知識ばかり増やしても、生活習慣が乱れていたら美肌になることはできません。

美肌の3条件を満たす生活にシフトしていきましょう。

チョコレートを食べるとニキビができる原因はストレスだった
チョコレートを食べるとニキビができる原因はストレスだった女子はチョコとかクリーム系の甘いお菓子が好きですが、「チョコ食べ過ぎるとニキビができる」って話を聞いたことありませんか?しかし、これは迷信。 ニキビができる原因はストレスです。 ストレスがたまったりイライラしたときって、それを解消しようとして暴飲暴食しちゃうんです。甘いものとかラーメンとか、脂肪や糖分を食べちゃう。...

 

 

ではでは。

ABOUT ME
アズサ
アズサ
ゆる肌断食のやり方・ゆる肌断食の実践記録・毛穴ケアの方法・睡眠や食事などの生活習慣をすべてお伝えします。
 にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
ブログランキング参加中!

この記事が役に立ったら、1日1クリックで応援いただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です