紫外線対策

紫外線吸収剤って何?日焼け止めのキホンを抑えておこう

紫外線吸収剤って何?日焼け止めのキホンを抑えておこう

このブログでは、日常生活で日焼け止めはいらないと伝えているので、日焼け止めの知識は特に必要ありません。

ただ、海や山など紫外線を大量に浴びる非日常環境で遊ぶときは、日焼け止めを使うことをおすすめしてます。

そこで今回は、紫外線吸収剤など、日焼け止めのキホンをまとめました。

紫外線吸収剤とは?紫外線防止剤について

紫外線を防止する成分には2種類あります。

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学物質のこと。

紫外線を吸収すると肌の上で化学変化を起こし、紫外線の影響を和らげますが、肌に刺激を与えることがあります。

「吸収剤」と聞くと、肌が何かを吸収しそうに感じるかもしれませんが、「日焼け止めが紫外線のエネルギーを吸収する」ということです

アズサ
アズサ
日焼け止めも紫外線も肌には吸収されないので安心してね。

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めには、「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」という表示があります。

代表的成分
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • オキシベンゾン

オキシベンゾンは、光アレルギー発症の報告が多い成分です。

人体への影響だけでなく、環境被害の原因になってるという研究結果もあります

オキシベンゾンについては「日常生活に日焼け止めはいらない」という記事で書いてますので、よかったらご覧ください。

日常生活に日焼け止めはいらない
日常生活に日焼け止めはいらない日焼け止めには、皮膚を乾燥させたり、炎症を起こしたりする成分が使われてます。 ドラッグストアでよく売られている日焼け止めには、以下のような成分が含まれてるんです。 【オキシベンゾン(オキシベンゾン-3)】 紫外線吸収剤として日焼け止めに使われることがあります。 しかし、アレルギーを引き起こす可能性があると報告されてるんです。...

 

紫外線散乱剤

紫外線を肌の上で反射させる物質のことです。金属や細かい粘土質の粉などが使われます。

肌のかぶれは起きにくいけれど、乾燥させることがあるんです。

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線防止剤に紫外線散乱剤を使用してます。肌に負担が少ないということで、ノンケミカルの日焼け止めを求める人が増えています。

代表的成分
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • タルク

酸化チタンはパウダーファンデーションにも含まれてます。パウダーファンデは紫外線対策になるんですよ。

パウダーファンデーションは超おすすめの日焼け止め
パウダーファンデーションは超おすすめの日焼け止めパウダーファンデーションって日焼け止めとして使えるんです。肌断食中でも敏感肌でも、誰にでもおすすできるUVケアアイテム。 ファンデーションのパウダーの成分が紫外線を跳ね返し、日焼け止め同様の効果を発揮します。 パウダーファンデは肌に負担が少なく、塗り直しも簡単。日常使いにオススメです。...

金属アレルギーの人は酸化亜鉛が肌に合わない場合があります。店頭テスターで試してみてください。

 

その他の日焼け止めの成分

  • 界面活性剤
  • 保湿剤
  • 防腐剤
  • 酸化防止剤
  • 増粘剤

他の化粧品と同じように、界面活性剤や防腐剤も含まれてます。

以下成分を含んでいる商品もあるので、注意が必要です。

PG

保湿成分として使用されていますが、皮膚の水分蒸発量が増えたという試験結果も。

安全性について不安が残ります。

エタノール

さっぱり感が出るので、ジェルタイプの日焼け止めのベース成分として使われてます。

ただ、揮発によって皮脂を落とし、肌を乾燥させてしまうこともあります。

メチルパラペン

防腐剤として使用されますが、皮膚に炎症が起きるという報告があります。

また、シミやシワが発生するリスクもあり、危険性があるという声も。

日焼け止めに表示されてるSPF・PAって何?

肌美ちゃん
肌美ちゃん
日焼け止めにあるSPFとかPAって、数字が大きければ効果が高いんでしょ?

SPF

赤くヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こす「UV-B波」を防ぐ力を表します。

日焼け止めを塗らない状態と比べて、サンバーンを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安です。

夏に紫外線を浴びた場合、サンバーンが起きるまで20分かかると言われてます。

例)SPF30 の場合

20分×SPF30=600分 までのばせる

 

計算した時間は、適量の日焼け止めを塗った場合のものです。

適量と言うのは、皮膚1平方センチあたり日焼け止めを2ミリグラム塗ること。顔全体に500円玉くらいの量の日焼け止めを塗ること。べたべたして白浮きするくらい、かなり厚塗りです。

普段このような厚塗りはしないはずなので、数値を鵜呑みにしない方がいいでしょう。

 

PA

真皮にダメージを与えて老化を早める「紫外線A波」を防ぐ力を表し、「+」の3段階で表示されます。

+:やや効果がある

++:効果がある

+++:非常に効果がある

アズサ
アズサ
SPF・PAの両方とも、数値が高いと長時間紫外線を防げるんだけど、肌に負担がかかっちゃうんだよ。

日焼け止めは肌に負担がかかる

最近はいろんなタイプの日焼け止めがありますね。

  • 乳液タイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • スプレータイプ
  • パウダータイプ

白くなりやすいけど、ノンケミカルで比較的はだにやさしいのは乳液タイプとクリームタイプ。

ただ、どんなタイプでも日焼け止めはどれも肌に負担がかかるもの。

屋外レジャーなど、日焼け止めのリスクより日焼けのリスクが大きい場合のみ、使うようにしましょう。

日常生活は日焼け止めがなくても、日傘やUVカットの服で紫外線を防げますよ。

塗らない・つけない紫外線対策6選
塗らない・つけない紫外線対策6選紫外線は肌の老化を進めてしまいます。 でも日焼け止めって、肌に負担がかかるんです。 雑誌とかテレビCMで日焼け止めの広告をよく見るので、「紫外線対策=日焼け止め」って考えてしまいがち。 日焼け止めやパウダーファンデーションを塗れば紫外線をカットできますが、肌にダメージを与えてしまいます。 しかーし、日焼け止めを使う以外にも紫外線対策する方法はあるんです。...

 

特別なときだけ日焼け止めを使おう

今回は日焼け止めの知識についてお伝えしました。

  • SPF・PAは数値が大きいと日焼けしにくいけれど、肌に刺激がある。
  • 紫外線吸収剤には、アレルギーを発症する成分もある。
  • 紫外線散乱剤は比較的肌にやさしいが、乾燥する。
  • 日焼け止めには肌に刺激がある成分が含まれてる。

ノンケミカルでも日焼け止めは肌に負担がかかります。

海や山、屋外レジャー、外に長時間いる場合など、特別な時・本当に必要なときだけ使うことを心がけてくださいね。

【屋外レジャー用】おすすめの日焼け止め使用方法
【屋外レジャー用】おすすめの日焼け止め使用方法日焼け止めは普段使いしなくていいですが、海や山や野外フェスなど、外遊びやレジャーでは日焼け止めを使うのがおすすめ。 確実に紫外線をカットするためには、日焼け止めを塗るときに以下を心がけてください。 「顔は日焼け止め+パウダーファンデーション」 「適量を塗ること」 「2時間以内に塗りなおすこと」...

 

 

ではでは。

ABOUT ME
アズサ
ゆる肌断食のやり方・ゆる肌断食の実践記録・毛穴ケアの方法・睡眠や食事などの生活習慣をすべてお伝えします。
 にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
ブログランキング参加中!

この記事が役に立ったら、1日1クリックで応援いただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です