紫外線対策

意外と知らない紫外線のキホン 

意外と知らない紫外線のキホン 

あなたは、「紫外線」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

肌美ちゃん
肌美ちゃん
よくわかんないけど、シミとかシワの原因になるコワイものって感じ。

すっかり悪者になってしまった紫外線ですが、相手のことを知ると対処法がわかるものです。

今回は、紫外線の種類、紫外線量が多い時間や時期、紫外線のメリットなど、紫外線の基礎知識についてお伝えします。

紫外線基礎知識

紫外線にはUV-A波・UV-B波・UV-C波の3種類がありますが、地上に届いているのはUV-B波とUV-A波。

UV-B波

UV-B波はUV-A波と比べてエネルギーが強く、赤くヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こします。

サンバーンは紫外線を浴びて数時間後に変化が現れます。赤みが引いてメラニン色素が沈着が始まり、肌の色が濃くなることをサンタンと呼びます。

赤くなりやすかったり、ほとんど赤くならずに黒くなったり、人によって皮膚の反応は変わってきます。

日本で生まれ育っていても、白色人種に近い、紫外線に弱い肌タイプの人もいます。

日に当たってすぐに肌が赤くなる人、日焼けしてもあまり黒くならない人は、紫外線による障害を受けやすいです

 

なお、オゾン層の破壊によってUV-B波は地上に届く量が年々増え、私たちにの肌と目に以下のような影響を与えます。

  • 日焼け(サンバーン・サンタン)
  • 皮膚がん
  • 良性腫瘍
  • 結角膜炎
  • 白内障

皮膚がんや白内障は、高齢になってから発症する確率が高いです。

UV-A波

UV-A波はエネルギーは弱いものの、皮膚の奥にある真皮まで到達して細胞にダメージを与えます。窓ガラス越しに浴びても影響を受けるんです。

紫外線を浴びて赤くはれたり湿疹ができる紫外線アレルギーは、主にUV-A波が原因と言われてます。

アズサ
アズサ
シミやシワの原因はUV-B波・UV-A波の両方なんだよ。
肌美ちゃん
肌美ちゃん
シミとシワ嫌だー!紫外線コワイコワイ。

1日の紫外線量の変化

1日の紫外線量の変化

紫外線量は太陽の位置によって変化します。太陽の位置が頭上近くになる正午が、いちばん紫外線量の多くなる時間になります。

UV-B波は朝と夕方に少なくなりますが、UV-A波は日の出から日の入りまでの変動が比較的少ないのが特徴です。

アズサ
アズサ
9時~15時の外出を避ければ、紫外線を浴びる量はかなり減るよ。

海など、日中に外で遊ぶレジャーには、日焼け止めは必須です。

【屋外レジャー用】おすすめの日焼け止め使用方法
【屋外レジャー用】おすすめの日焼け止め使用方法日焼け止めは普段使いしなくていいですが、海や山や野外フェスなど、外遊びやレジャーでは日焼け止めを使うのがおすすめ。 確実に紫外線をカットするためには、日焼け止めを塗るときに以下を心がけてください。 「顔は日焼け止め+パウダーファンデーション」 「適量を塗ること」 「2時間以内に塗りなおすこと」...

1年の紫外線量の変化

1年の紫外線量の変化

グラフを見ると、UV-B波は7~8月、UV-A波は5月がいちばん多いことがわかります。

UV-A波は、6月末の夏至にいちばん量が多くなります。でもちょうど梅雨なので、雲がUV-A波を少し減らしてくれるんです。

UV-B波は春~夏に多くなりますが、UV-A波は1年を通して降り注いでると覚えておきましょう。

地域によるUV-B波のちがい

札幌・つくば・鹿児島・那覇の4か所で、UV-B波の量を比較したグラフがあります。

地域によるUV-B波のちがい

那覇と札幌を比べると、那覇は札幌の1.4倍もUV-B波を浴びてます。

アズサ
アズサ
旅行のときは、地域に合わせて紫外線対策を変えるのがおすすめ。

また、晴れが多い地域と曇りや雨が多い地域でも、紫外線量が変わってきます。

 

紫外線のメリット

ここまで紫外線の怖さを強調してきましたが、紫外線を浴びるのは悪いことばかりじゃないんです。

紫外線を浴びると「ビタミンDが生成できる」というメリットも。

ビタミンDは健康な体を維持するのに必要な栄養素。中でも3つの大きな役割があります。

  • カルシウムの吸収を高める
  • 筋力を強化する
  • 免疫バランスが良くなる

骨が丈夫になるし、筋力強化にもなるし、美肌と病気の予防にもなる。ビタミンDは万能な栄養素なんです

ビタミンDは食事でもとれますが、含まれてるのは魚やキノコ類。野菜や肉からは摂取できないので食事だけで補うのはむずかしい。食事+紫外線でビタミンDを摂取し、健康な体を保ちましょう。

肌美ちゃん
肌美ちゃん
紫外線浴びろって、肌が焼けちゃうじゃん。
アズサ
アズサ
ビタミンDの生成は、手のひらに紫外線を浴びればOK。

手のひらはメラニン色素がないので、日焼けやシミの心配はないのでご安心を。

肌にやさしい紫外線の浴び方は「信じられない!太陽光に当たると美肌になる」という記事に書いているので、ぜひ参考にしてくださいね。

信じられない!太陽光に当たると美肌になる
信じられない!太陽光に当たると美肌になる日焼け止めを売りたい人たちは紫外線のデメリットばかり強調しますが、太陽光を浴びるのは悪いことばかりじゃないんです。 【太陽光を浴びるメリット1:ビタミンDが生成される】 ビタミンDは食事でもとれますが、含まれてるのは魚やキノコ類。野菜や肉からは摂取できないので、食事だけでビタミンDを補うのはむずかしいです。...

 

紫外線は時間・季節・場所によってちがう

いかがでしたか?

今回は紫外線の基礎知識をご紹介しました。

  • UV-B波は赤くヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こし、浴びすぎると皮膚や目の病気になる。
  • UV-A波は皮膚の奥まで到達してダメージを与え、紫外線アレルギーを起こす原因になる。
  • 夏の9時~15時は紫外線量が多い。
  • 5月~8月は特に紫外線量が多いが、UV-A波は1年中降り注いでる。
  • 地域によってUV-B波の量がちがう。沖縄は多い。
  • 紫外線にはビタミンDを生成するなどのメリットもある。

紫外線にはメリットもありますが、肌に悪影響があるのは事実です。

時間・時期・場所を考えて、肌に負担をかけないように紫外線対策をしましょう。

アズサ
アズサ
夏はムダに外出しちゃダメよ。
塗らない・つけない紫外線対策6選
塗らない・つけない紫外線対策6選紫外線は肌の老化を進めてしまいます。 でも日焼け止めって、肌に負担がかかるんです。 雑誌とかテレビCMで日焼け止めの広告をよく見るので、「紫外線対策=日焼け止め」って考えてしまいがち。 日焼け止めやパウダーファンデーションを塗れば紫外線をカットできますが、肌にダメージを与えてしまいます。 しかーし、日焼け止めを使う以外にも紫外線対策する方法はあるんです。...

 

 

ではでは。

ABOUT ME
アズサ
アズサ
ゆる肌断食のやり方・ゆる肌断食の実践記録・毛穴ケアの方法・睡眠や食事などの生活習慣をすべてお伝えします。
 にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
ブログランキング参加中!

この記事が役に立ったら、1日1クリックで応援いただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です